Now Playing Tracks

「鬱病でも探せば雇ってくれる所あるだろ?軽いバイトくらいならできるだろうが、甘えるな!!」などと言う人は数え切れないほど見てきたが、「うちは鬱病患者でも雇いますよ!」なんて言ってる会社をただの一度も見たことがない。
Twitter / Kino_Toshiki: 「鬱病でも探せば雇ってくれる所あるだろ?軽いバイトく … (via wideangle)

八木地区がかつて「八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくじあしだに)」と呼ばれていたことは、災害発生から約1週間後の8月26日、フジテレビの情報番組「とくダネ!」が伝えて反響を呼びました。

番組で住職が証言していた地元の浄楽寺に確認すると、13年前に亡くなった前住職の桐原慈孝さんが、山にすんでいた大蛇の首を戦国時代の八木城主が刀で切り落として退治したという「蛇落地伝説」を語り継ぎ、1976(昭和51)年に八木小学校の創立100周年記念誌に書き残したそうです。地元にはこの伝説を基にしたとみられる「蛇王池(じゃおういけ)の碑」が建てられています。また、昭和40年代までは「上楽地」という地名が古地図にも残っていて、「蛇落地」が転じたと考えられるというのです。

「前住職はこの土地の開発の歴史を伝えようとしていました。ただ、今回のような大きな災害と結びつけていたわけではないようです。『悪谷』という地名までは書かれていません」と現住職の妻の桐原伊織さん。

広島市郷土資料館に問い合わせると、「蛇落地」や「悪谷」を記す文献などはないと言われました。番組放送後、多くの問い合わせを受けたという安佐南区役所地域起こし推進課も、広島市に合併する前の佐東町史などを調べましたが、そうした記載は見つからないとのこと。「役所としては把握できていません。今回の被災地は、もともと川のはん濫による水害が多かった地域。伝説としてはあるのかもしれませんが…」と言葉を濁します。

全文ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000011-wordleaf-soci

フジ「八木は八木蛇落地悪谷という地名だった!」→古い文献にも記録がないことが判明 (via hizayamasan)
We make Tumblr themes